協賛のお願い

ご協賛募集関連資料のダウンロード


第25回みちのくYOSAKOIまつり ご協賛のお願い

~東北(みちのく)はひとつ~

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご協力を賜り、誠にありがとうございます。
さて、1998年10月に「東北はひとつ」を合言葉に生まれた「みちのくYOSAKOIまつり」は、来る10月8日(土)・9日(日)の開催をもって第25回を迎えます。
今では「仙台五大まつり」のひとつに数えられるほど仙台市民に親しまれています。これもひとえに皆様方のご支援の賜物と深く感謝しております。
YOSAKOIは、全国各地で行われています。小・中学校ではYOSAKOIに取り組む学習活動を「よさこい活動」と呼んでいます。
私たちの願いは、老若男女を問わず、地域を超えて愛されているYOSAKOIによる“人的交流”を通して「仙台・東北の持続的発展」に寄与することです。
しかし、今回は4年ぶりの開催となります。
「第22回(2019年)」は台風19号の接近、「第23回(2020年)」と「第24回(2021年)」は新型コロナウイルス感染症の拡大により中止に追い込まれました。
発表の場・交流の機会を奪われたチームの悔しさ、観覧の楽しみを失ったYOSAKOIファンの落胆はいかばかりだったでしょう。
「この悔しさ・落胆を歓喜に変えよう!」と実行委員一同、日々精進を重ねておりますが、この3年間のブランクを埋めることは容易ではありません。
とは申しても、長年にわたって培ってきた、地域活性化にはなくてはならない “人的交流”を絶対に途絶えさせるわけにはまいりません。なんとしてでも継続し、仙台・東北のさらなる活性化に寄与したいと存じます。
「みちのくYOSAKOIまつり」は、参加チームや観覧される方々から「運営協力金」をいただいて運営しております。
しかし、東北をはじめ全国各地から参加されるチームや観覧される方々に満足していただける会場を設営・運営するには、それだけでは足りません。皆様方のご助力を仰がなければならないのが実情です。
つきましては、コロナ禍でたいへん厳しい経済状況ではありますが、本イベントの開催趣旨等をご理解いただき、ご協賛を賜りたく存じます。何卒よろしくお願い申し上げます。

開催理念

~民謡で東北おこし~

ふるさとの民謡を盛り込んで踊るYOSAKOI 。
「ふるさとの民謡の心」に触れ、ふるさとの誇り・魅力・個性を再発見します。

~市民の創造力と独自性で東北おこし~

市民の創造力・表現力こそ地域資源。
民謡にこだわる伝統性・地域性と、衣装・振付は自由という現代性・流行性から生れる独自性で、ふるさとを元気づけます。

~仙台でふるさとPR~

チーム紹介で欠かせないのが所在地。
チーム・踊り手そのものが 「ふるさとPR大使」だからです。
この百万都市 ・仙台で 「ふるさと自慢」をします。

今年も地域のまつりとして成功させることで、東北の方々の復興への思いを勇気づけることができればと思っています。

ご協賛募集関連資料のダウンロード

後援・協賛に関するお問い合わせ

※住所・電話番号のお間違いにご注意ください。
※個人情報の取り扱いには細心の注意を払い、みちのくYOSAKOIまつり実行委員会が管理いたします。

主催

みちのく YOSAKOI まつり 実行委員会事務局

所在地

980-0802 仙台市青葉区二日町2番1号 キムラオフィスビル6階

電話番号

022-268-2656

FAX番号

022-268-2674