これまでの仙台みちのくYOSAKOIまつり

第26回

第26回は前年から約30チーム増の107チームが集まり、会場設備の面でも5年振りにコロナ禍前と同等の規模での開催となった。一般市民が個人的にまつりを支援できる制度『みちYOSAサポーター』を創設し、持続可能なまつり作りの仕組みを整備した。

また、各地のYOSAKOIイベントを撮影している“よさカメ”のボランティア協力を受け、YouTubeによるリアルタイム配信を行った。まつり当日仙台に来られなくても、気軽に画面を通じて“みちYOSA”を楽しむことができるようになり、遠方のYOSAKOIファンに東北の魅力を届ける一助となった。

目玉企画は『東北でバンザイ‼』。“Mr.YOSAKOIソーラン”と呼ばれる宮本毅(みやもと たけし)氏が杜の都で躍動した。YOSAKOIソーラン祭り30周年を記念して宮本氏が作詞・作曲・歌唱を手掛けた総踊り曲『バンザイ‼NARUKO CARNIVAL』を引っさげて各会場を回り、多くのチームを巻き込んでパワフルなパフォーマンスを披露した。
チームと観客が一体となるフィナーレの総踊りも復活し、第26回は大盛況のうちに幕を閉じた。

第26回

開催日
2023年10月7日(土)/8日(日)
参加チーム数
107チーム
参加踊り手数
5,000人
会場
7会場(市民広場/勾当台公園/地下鉄旭ヶ丘駅前/JR長町駅西口広場/あすと長町杜の広場公園/JR仙台イーストゲートビル1階「ダテリウム」/定禅寺通り)