伊達たぬき

17年目を迎え、「鎮魂と復活」のテーマに挑戦。
(震災被害の大きさに沈むある漁村。立ち上がった若者達は老若男女楽しむ祭を企画。威勢良く鳴る鳴子の響きに活気が戻り、復興へと歩みだす)祷りと復活の舞い、届けます。