第21回 コンテスト審査基準と各賞について

第21回 コンテスト審査基準と各賞について

コンテスト審査基準

「第21回 みちのく YOSAKOI まつり」コンテストにおける、審査の基準については下記のとおりとなります。

部門 審査基準 配点
基本

入退場

評価のポイント
  • ステージ入退場はテキパキした動作であったか
  • 演舞前後の挨拶をきちんとしていたか
5点

鳴子の効果的な使用

評価のポイント
鳴子を効果的に使用していたか(音が揃っている・メリハリがある)
注意
  • 鳴子を鳴らさない(鳴子を持つだけ)の踊りはYOSAKOI踊りとは定義しません。
  • 手踊りや小道具等の使用は「部分的な演出」としてのみ認めます。
5点

民謡の効果的な使用

評価のポイント
楽曲に民謡がわかりやすく組み込まれていたか
5点
演舞

動・静

評価のポイント
  • 踊り子の掛け声や動作が揃っていたか
  • 個々の動きやフォーメーション移動の際の「動・静」のメリハリ
5点

チーム衣装

評価のポイント
演舞テーマに沿った衣装であるか
5点

表現力

評価のポイント
  • 踊り子の表情の豊かさ
  • 踊り子の所作・踊りの表現の豊かさ
  • 大道具、小道具、旗の効果的な活用
10点

演舞構成

評価のポイント
  • 楽曲に合った効果的なフォーメーションを展開していたか
  • ストーリー性に富み、演舞テーマに沿った構成だったか
  • 観客を引き付ける演舞であったか
10点
総合評価

全体的な評価

5点
合計 50点
審査のポイント(全コンテスト共通)
  • 感動を与える演舞であること
  • 動作・鳴子の音・表情・所作などに静と動のメリハリがあること
  • 楽曲に合った効果的な演舞構成であること
  • 4分30秒の持ち時間を超過した場合(タイムオーバー)は「10点の減点」を行います。
  • また、同点の場合には、審査員の協議にて順位を決定いたします。

各賞基準

「第20回 みちのく YOSAKOI まつり」コンテストにおける、各賞の基準については下記のとおりとなります。

一般部門
みちのくYOSAKOI 大賞
決勝ステージ審査において総合得点で最多得点を獲得したチーム
宮城県知事賞
決勝ステージ審査において総合得点を2番目に多く獲得したチーム
仙台市長賞
決勝ステージ審査において総合得点を3番目に多く獲得したチーム
優秀賞
上記受賞チーム以外の決勝ステージ進出チーム
河北新報社賞
決勝ステージ審査において演舞部門の合計得点が最も多いチーム
※尚、河北新報社賞のみ重複の受賞も認められます。

結果発表

参加するには参加チーム募集要項をご確認ください

みちのくYOSAKOIまつりで演舞を披露するチームは、参加申し込みが必要となります。募集要項をよくご覧いただき、必要な申し込み、提出物をご用意ください。

参加チーム募集要項はこちら 第21回 みちのくYOSAKOIまつり開催概要

お問い合わせ

みちのく YOSAKOI まつり 実行委員会事務局へのお問い合わせは、専用お問い合わせページからが便利です。

お問い合わせページはこちら
電話
022-268-2656
FAX
022-268-2674

※住所・FAX番号のお間違いにご注意ください。