第19回 コンテスト審査基準と各賞について

第19回 コンテスト審査基準と各賞について

コンテスト審査基準

「第19回 みちのく YOSAKOI まつり」コンテストにおける、審査の基準については下記のとおりとなります。

部門 審査基準 配点
印象部門

感動を「10点満点」で表すと何点ですか

10点
基本部門
(マナー・鳴子)

マナーは良かったですか

  • 演舞入退場時はテキパキしていたか
  • 挨拶はきちんとしていたか
  • 【注意】司会者紹介中の円陣やかけ声はマナーに反します。
10点

鳴子はよく活用されていましたか

  • 使用している時間の長さ、印象度をみてください。
  • 【注意】鳴子を活用することが最も大切なルールです。また、鳴子は鳴らすためにあります。持っているだけではYOSAKOIではなく、一般的なダンスとみなします。
5点

鳴子の音色は良かったですか

  • 全員が揃ってかつ、メリハリのある意図的な音色であるか
5点
演舞部門

掛け声はよかったですか

  • 【注意】必ずしも元気なだけが良いわけではありません。「動」と「静」のメリハリも配慮します
5点

表現力は豊かでしたか

  • 大道具、小道具、旗の効果的な使用 ・表情に好感がもてる。
  • 【注意】注意ダミ声は減点対象となります。
5点

衣装は良かったですか

  • 衣装など凝ってるチームに加点してください。
  • 【注意】過度な露出、下品な衣装は減点対象
5点

構成は良かったですか

  • フォーメーションの変化やストーリー性が感じられたか
  • 飽きさせない内容であったか
5点
  • タイムオーバーの場合は、「10点の減点」となります。
  • また、同点の場合には、審査員の協議にて順位を決定いたします。

各賞基準

「第19回 みちのく YOSAKOI まつり」コンテストにおける、各賞の基準については下記のとおりとなります。

一般部門
みちのくYOSAKOI大賞【優勝チーム】
決勝審査において合計点が最高得点のチーム
みちのくYOSAKOI大賞 受賞チームは、表彰式後に受賞演舞を披露していただきます。
宮城県知事賞
決勝審査において印象部門の審査員合計点が最高得点チーム
仙台市長賞
決勝審査において演舞部門の審査員合計点が最高得点チーム
河北新報社賞
決勝審査において基本部門の審査員合計点が最高得点チーム
優秀賞(演舞部門)
決勝ステージ進出チーム
優秀賞(マナー部門)
当日ボランティア参加や提出物の期限を守るなどの、マナーの良かったチーム
功労賞
宮城県内からのチーム参加:15回目
宮城県を除く東北からのチーム参加:13回目
その他地域からのチーム参加:10回目
ジュニア部門
ジュニア大賞【優勝チーム】
ジュニア決勝審査において合計点が最高得点のチーム

結果発表

参加するには参加チーム募集要項をご確認ください

みちのくYOSAKOIまつりで演舞を披露するチームは、参加申し込みが必要となります。募集要項をよくご覧いただき、必要な申し込み、提出物をご用意ください。

参加チーム募集要項はこちら

日本で一番マナーを大切にするまつりを目指します

みちのくYOSAKOIまつりは 日本で一番マナーを大切にするまつりを目指します。開催概要も事前の確認をするようお願いいたします。

第19回 みちのくYOSAKOIまつり開催概要

その他の各種お問い合わせ

みちのく YOSAKOI まつり 実行委員会事務局へのお問い合わせは、専用お問い合わせページからが便利です。

お問い合わせページはこちら